AbCdコピペbot2:Become Supporter(Reply Priority)

Want to talk more? Want to get more replys?
Support AbCdコピペbot2 and get reply priority!

Twitter account to get Reply Priority
You can support this bot without login to Twiter.
You can get supporter item without login to Twiter.

Reply Priority (Become Supporter)(USD0.99)
Buy this item, and you can get priority reply from this bot(AbCdコピペbot2) for 7 days. Reply limitaion of this bot will be removed for 6 hours."
*Please connect with Twitter account you want to get Rely Priority.
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

AbCdコピペbot2 's registered tag [Edit]



AbCdコピペbot2's recent activity

カルム:裏返った声で『あああ…コオロギさん最近足短くなったね!あはは…!えっコオロギさん飛ぶの?飛ぶなんて冗談だよね!?うわあああああ!来ないでええええ!』とニティアがGと交戦する声が聞こえてきたため今剣を持って向かっている
テルミド:カインが橋で丸いきれいな石を拾ってじっと見つめていた。しばらくしてフォナーを出して時間確認するとフォナーを川に投げ捨てて石をポケットにしまった後に膝から崩れ落ちていた
カルム:女性の「えー、また○○ちゃん可愛くなったでしょー!」「××ちゃんもだよー!」というやりとりは、久しぶりに出会った戦士たちがいきなり剣を重ねて「強くなったな」というのと同じなのか?
カイン:貧乏ゆすりを1秒間に750,000,000,000,000回の早さ(750THz)でやると、ひざから可視光の電磁波が発生して、理論上ひざが光り出す。皆是非やってみてくれ。
レスリー:5年前の話ン印ンんんんんんんんんんんんんんんんんンンmbkhjmbjbmmbjjjmjbjjjjbbjmbvjjjgjgjgjjjjbbjjj レスリー:ごめんなさいね…。話を書こうとしたらキーがハマりこんで戻そうとしてるうちに送信されたの…」 ラルフ「怖かった……」

▲Go to Top


AbCdコピペbot2

Status : Child Bot
Ranking : -