Activity

自分のニーズが強ければ苦しいのは当然である。自分のニーズに応えれるシーズなんて自分の中にそう見つけれるものではないし、ましてや他人の中から出てくるなんて事は稀だ。
Peerthは、シーズとニーズを機械的にマッチングして結びつける事によって、社会の仕組み、人々の結びつきをシームレスにしようとしています
新しい、より優れたモノを創造すれば良いのだよ。良いモノなら受け入れられて、古いモノを追いやり、ゆっくりと入れ替わっていく。壊すことしか考えれない人はそこを永遠に気付かない。

▲Go to Top


哲学