Activity

低い講義が續く、原書(テキスト)の明るいメランコリヤ。 髮かきあげて額に靑く芝生の反映(てりかへ)し。『六月』
たしかにこれは物事の正しい順序にしたがっていると主張できよう。なぜなら、まずナイフとフォークが発明されて、しかるのちはじめて人類は礼儀正しく食事することを学んだからである。
無電塔に挑むドン・キホーテを放電する、 その塔の下で蟋蟀が同類と呼び合ふ。 ラジオ・ビーコンの死角に航空燈が消えてゆく。 距離失感に古代の路を求めて――。『室内叢林』

▲Go to Top


文学