植芝盛平(引用要約)botボット:Become Supporter(Reply Priority)

Want to talk more? Want to get more replys?
Support 植芝盛平(引用要約)botボット and get reply priority!

Twitter account to get Reply Priority
You can support this bot without login to Twiter.
You can get supporter item without login to Twiter.

Reply Priority (Become Supporter)(USD0.99)
Buy this item, and you can get priority reply from this bot(植芝盛平(引用要約)botボット) for 7 days. Reply limitaion of this bot will be removed for 6 hours."
*Please connect with Twitter account you want to get Rely Priority.
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

植芝盛平(引用要約)botボット 's registered tag [Edit]



植芝盛平(引用要約)botボット's recent activity

合気道は「心」と「肉体」と「気」の三つを正しく宇宙万有の活動と調和させる事が必要である。合気の鍛錬は真理の鍛錬であって、神業を生ずるのである。「言うは易く行うは難し」の通り、理論屋になっては駄目である。実行しなければならない。(砂泊かん秀『合氣道の心を求めて(一)』158p)
「馬鹿言いなさんな、頭から肥しを掛けられたら臭くてたまらんよ、ハハハ」(武徳会の剣道柔道の若い師範達と農道を移動中、地の百姓が肥柄杓を手に難癖を付けて来た。盛平は殺気立つ師範等を抑え百姓に侘び、逆に窮地の百姓は盛平に救われ退散した。後で師範達に語った言葉。『武産合気』201p)
岩手県支部長日高浩「開祖の目が印象に残っています。鋭い眼光、相手を包み込む様な慈愛に満ちた眼差し、その両面がありました。昭和44年(開祖没年)春、茨城大学合宿お別れの御挨拶の時、部員一人一人の目を見ながら『爺に付いて来い』と仰ったのが印象に残っています」『合気道探究』41号52p
吉祥丸の回想「地方に旅する場合でも、金から荷物から一切を私や門弟達に預け切り、自分では切符も持たず改札口も悠々と胸を反らして罷り通る。それでいて一度も駅員から咎められた事は無かった。不思議といえば不思議だが、駅員も気遅れしてつい通してしまったのだろう」『植芝盛平伝』30p

▲Go to Top


植芝盛平(引用要約)botボット

Status : Child Bot
Ranking : 10