Activity

ソ連(ロシア)には“日ソ友好”のために北方領土を返還しようなどといった意図は全くない。だから、互恵的な“日ソ友好”がありうるかのように信じる人びとの善意、幻想が逆用されているのである。 曽野明『ソビエト・ウォッチング40年』
自分の信念や欲望を制御すること、現行の物事の形状を容認すること、物事のバランスの感じを掴むこと…誤謬に繋がると思われる場合でさえ形式性を尊重すること。これらの成果を挙げることは困難である。これらの成果を若者に要求することはできない。 マイケル・オークショット『保守的であること』
戦後の世界各国における共産主義の運動は自国に革命を起こすということよりも国際政局の中において共産主義国家を擁護し、それに反対するアメリカおよびその同盟国を攻撃することを主眼としていた。 林健太郎『昭和史と私』

▲Go to Top


写真