Activity

人間は単に数学的に同値の、社会的に未分化な個々人からなる巨大な集団の一員として生きるのではない。人間は、少なくとも自由社会においては、単に行政国家の手続きや技術でとらえられるような生き方をしない。 ロバート・ニスベット『共同体の探求』
我々の自由を主張し要求するに当たって、それを、祖先から発して我々に至り、更には子孫にまで伝えられるべき“限嗣相続財産”とすること エドマンド・バーク『フランス革命の省察』
バークは、ジャコバン派がフランス人の団体的・共同体的権利――、血縁関係、宗教団体、経済団体、およびその他の団体としてもつ権利――を侵害した、とくりかえし指摘した。 ロバート・ニスベット『保守主義―夢と現実』

▲Go to Top


古典