Activity

急進派は、現代人の持つ新しいもの好きと嫉妬心をかき立てたが、保守派は、人間の惰性と伝統のなかで守りを固めてきた。 ラッセル・カーク『保守主義の精神』
お金を手にした時に、やっぱお金があってよかったぁって思えたら儲けもんやし、逆にない時と変わらんかったらそれはそれで別に損はしないし、楽しい事をしたいが為に、お金を手にいれようと無理したり苦しんだりするや、お金がないのを言い訳にするのは自分の生き方とはちと違う気がするなぁ。
「レッセ・フェール〔自由放任〕」という句も、これよりも更に古い定式である「生命・自由・財産の保護」も、余り役に立たない。事実この両者は…物事はあるがままに放置すれば足りると示唆する傾向をもっており…何も答えないよりも一層悪いかもしれない。 F.A.ハイエク『個人主義と経済秩序』

▲Go to Top


哲学