Activity

さる偉大な発明家はあるとき、どのようにすればこうもつぎつぎとあたらしい着想が湧くのですかと訊かれて、私は絶えずそれを考えるのですとこたえたという。事実、予期しない着想というものは、それを予期すること以外のなにものによってもえられないと言えるだろう。
「完全雇用」を確保しようなどというのは、まやかしに等しい。再調整は先送りできるが、少なくとも自由社会を維持する限り、避けて通ることはできない。しかも、先送りすれば、その後の対応がますます難しくなる。 ブキャナン&ワグナー『赤字の民主主義』
花 をしむ 雨 靜かなる宵 嗚咽にゆらぐ燭あり。 その明り、とぼしくも 降り灌ぎ、呼びて相寄る 悲しみに、はた歡びに ぬれかゞやくたゞ一穂の 生命の燈(あかし)なれば――。 『惜春譜』

▲Go to Top


文学