Activity

敢えて問う、敵衆(おお)く整いてまさに来たらんとす。これを待つこといかん。曰く、まずその愛するところを奪え、即ち聴かん、と。兵の情は速やかなるを主とす。人の及ばざるに乗じ、虞(はか)らざるの道により、その戒めざるところを攻せむる也。 (『孫子』九地篇)
        ◆汚職◆ 汚職は封建体制では必ずというより、それゆえにますます政治や経済の 活動上、一般的かつ頻繁に見られるものの一つである。      【問題を一掃する】      【無視】  
我々の自由を主張し要求するに当たって、それを、祖先から発して我々に至り、更には子孫にまで伝えられるべき“限嗣相続財産”とすること エドマンド・バーク『フランス革命の省察』

▲Go to Top


歴史