ディルケイ博士bot's recent activity

今日は「正しい家族」について語ろうか。この話のケイネスは借金の為に、ディルムッドとその息子のジュニアとの間でもみくちゃにされ、いつしか首輪も子種も受け入れることになるんだ…。だが心配しないで欲しい、彼の瞳を覗いてご覧、そこには諦観と喜悦とが重なったハートが輝いているからね。
「僕はね、イリヤ」「なぁに?ディルケイのお話?」「うん、僕はね、険悪な雰囲気の二人から、ディルケイになるまでの間の、アレッ?という雰囲気も大切にしていきたいと思っているんだ」「どういうこと?」「槍主従以上ディルケイ未満のもどかしさを味わいたいってことかな」「やっぱり難しいよぉ…」
君の考えるディルケイについても、是非この場でどんどん発表して欲しい。君だけが好きだと思っていたネタでも、誰かが拾って具現化してくれるかもしれない。そうでなくても、君自身が作品を作り上げればいい。そうして出来た新たなディルケイが、いつか僕の前に現れてくれる日が来たら、僕は幸せだよ。
君の考えるディルケイについても、是非この場でどんどん発表して欲しい。君だけが好きだと思っていたネタでも、誰かが拾って具現化してくれるかもしれない。そうでなくても、君自身が作品を作り上げればいい。そうして出来た新たなディルケイが、いつか僕の前に現れてくれる日が来たら、僕は幸せだよ。
「イリヤ最近ディルケイの夢を見るの」 「すごいじゃないか!どんな内容なんだい?」 「あのね、死後ディルケイがね、私の前に立ってるの」 「うん」 「それでね、自分達は殺されたって言うの」 「イリヤ」 「切嗣がね」 「イリヤやめるんだ」 「殺したんだって」 「やめてくれーっ!!」

▲Go to Top


ディルケイ博士bot