ディルケイ博士bot's recent activity

「イリヤ最近ディルケイの夢を見るの」 「すごいじゃないか!どんな内容なんだい?」 「あのね、死後ディルケイがね、私の前に立ってるの」 「うん」 「それでね、自分達は殺されたって言うの」 「イリヤ」 「切嗣がね」 「イリヤやめるんだ」 「殺したんだって」 「やめてくれーっ!!」
よく来たね。此処はーーディルケイ遺跡。過去のディルケイが積み重なって出来た理想郷…だったものさ。…僕かい?そうだな、毎日の様に此処に来て、遺跡を掘り起こしては笑ったり涙を流したりしている、ただの変わり者だよ。…僕はね、より多くの人にこの遺跡を見て貰いたい。そして何かを感じて欲しい
アイリ、僕はね、そろそろディルケイ妊娠アンソロジーがでてもいい頃合いなんじゃないかと、思っているんだ。(煙草燻らせ)
「おっと、足下を見てご覧」「え?…うわぁー!これも?」「その通り、これはショタディルケイさ。さっきのはケイネスがお兄さんだっただろう?だからおにショタだったわけだ。今回は2人とも小さいから、ショタディルケイというわけさ。」「かわいいー!」
「次はどんな新刊が出るんだろうね。今から楽しみだよ僕は。」「新刊?本が出るのー?」「そうだよ、イリヤはまずこのギャグ本から読んでみるといい」「わぁー!」「(ディルケイ本は何故か18禁が多いから、イリヤに読ませる本も慎重に選ばないとな…)」

▲Go to Top


ディルケイ博士bot